会社概要

会社名 日川中央葡萄酒株式会社
代表者 堀内 孝
所在地 山梨県笛吹市一宮町市之蔵118−1
電話番号 0553−47−1553
FAX 0553−47−3510
営業時間 8:00〜17:30
定休日:正月5日、その他不定
工場見学可否 見学可
但し、事前電話予約
設立 昭和48年
事業内容 醸造・販売業
醸造責任者 菊谷 敦郎
販売実績 平成29年度 27,900L
内訳:1,800ml 78%
720ml 2.2%
白ワイン 53%
赤ワイン 42%
主要ブランド Liaison(リエゾン)、NOVICE(ノヴィス)
取扱品種(ぶどう) 甲州、ベリーA、サンセミヨン、甲斐ノワール
土壌の特徴 作付場所により異なるが、主にシルト、粘土、細砂

代表あいさつ

ワイナリーの紹介

当社は、昭和48年設立の家族経営を行っています小さな醸造、販売会社です。従業員は、私、妻、後継者の娘夫婦の4名で「手作りの良さ」を目標に、地元特産品の葡萄を原料とした良質のワインを販売することで農家や地域の活性化に努めています。

ワイナリーの特徴

良質で安心安全なワインをお客さまにお届けするために、地域生産と、生産者にこだわって葡萄栽培者から直接原料葡萄を購入し、管理された清潔な工場環境の中、基本的な品質管理を重点に醸造、瓶詰め、貯蔵、販売まで一貫した作業を行っています。
そのような一連の作業工程の中で、消費者のお客さまに信頼され、安心して召し上がっていただけるワインをお届けしています。

商品紹介

Liaison(リエゾン)

Liaisonはフランス語で「結ぶ、繋ぐ」という意味です。
当社は昔から果樹農家で葡萄を生産していました。そこでワイナリーを始める時、良質で安心安全なワインをお届けするために、葡萄の収穫、醸造、販売を一貫して行い、その思いを「Liaison」の名に託し私達から直接お客さまにお届けしています。

NOVICE(ノヴィス)

NOVICEはフランス語で「新人、新しい」という意味です。
2017年に娘婿がワイナリーの一員として加わり、2018年初めて責任者として醸造を行いました。そして、初めて醸造した新酒を祝い「NOVICE」を命名しました。今後新人の気持ちを忘れないために、以降も継続して商品名として使用する予定です。

原料葡萄について

自社の農園及び契約栽培農家から収穫した葡萄を用いています。原料葡萄の品質は毎年異なりますが、その年の葡萄の味を最大限引き出せるよう醸造を行っています。

設備について

衛生管理を徹底するために設備を一新し、工場内の衛生管理、機器のサニタリーを重要視しお客さまに信頼を得られるような体制を作っております。

製品造りについて

最低限の薬品の使用にとどめ、自然のままの葡萄の特性が活かせるように、発酵には純粋培養された乾燥酵母を使用し、貯蔵管理においては、タンク一本一本に細心の注意を払い温度管理を行い、長年の経験を活かしながら作業を進めています。

販売について

お客さまに「手作りの良さ」をお届けするため、消費者直接販売を目指しています。毎年、自然の影響で葡萄の作柄が変化します。そのような環境の中でも毎年変わらない味をお届けするために長年の経験を踏まえながら、私たちの思いをお客さまに直接お届けしています。

販売実績について

平成29年度で、27,900L、88%が直接消費者販売、12%が小売店販売。内訳として、1,800mlが78%、2.2%が720ml。白ワイン53%、赤ワイン42%です。

今後について

当社も創業以来、山梨県産葡萄を使用してワインを醸造を行ってきました。昨年10月から、日本ワインの法制度が確立し、やっと国が日本ワインとして甲州種、ベリーA種のワインを法制度化しましたので、今後は責任と自覚を持ち今以上にお客さまに日本ワインをアピールしていきたいと考えています。また地域の葡萄を使用することにより、少しでもこの地域の農業振興の一翼を担い、今後も山梨県が葡萄の産地であり続け、当社もともに共存できますように微力ながら努力したいと考えています。